No attack No chance 佐藤琢磨の信念


こんにちわ。マツナガです。

1ヶ月ほど前、インディ500で日本人初制覇という快挙を成し遂げた佐藤琢磨選手の話題が世間を賑わせた。

僕はその話をツイッター経由で知ったのだが、初めは「インディ?F1と違うのか?」といった程度の認識で佐藤琢磨選手のこともお恥ずかしながら全然知らなかった。

そして、この佐藤琢磨選手、調べれば調べるほどすごい人だと思い知らされる。

高校時代に部員1人だけの自転車部を立ち上げ総体で優勝、19歳でモータースポーツの門をたたきイギリスF3で日本人初イギリスF3チャンピオン、その後全世界のF3チャンピオンの集まるマカオF3で世界一位に。

そしてモータースポーツ5年目でF1のシートを獲得するのである。

その後、2010年にインディカー・シリーズでデビュー、そして7年後、日本人初制覇を果たすのです。
ほんとにすごいとしか言いようが無い。

そんな佐藤琢磨選手にはレーサーとしてこだわり続ける「ある信念」があるのですがそれがとても熱い。グッと心を掴んでくるのです。

その信念とは「No attack No chance(ノーアタック、ノーチャンス)」というものです。

挑戦なくしてはチャンスなし――誰かと同じことをしていても結果は生まれない。挑戦するからチャンスが生まれる。

自分はどうだろう?結果を恐れてばかりで挑戦をするということを忘れている気がする。
もしくは諦めて何もせずチャンスを待っている。

挑戦しなければ、決して道は開けない。

小さいことでもAttack(挑戦)を積み重ねていかなければ、このまま何も成せないまま終わってしまう気がする。

手始めにブログの更新を頑張ってみよう。挑戦し続ければ何か自分のためになるはずだ。


佐藤琢磨 勝利への道 ~インディ500日本人初制覇の日~


佐藤琢磨 勝利への道-インディ500日本人初制覇の日- サンエイムック 【ムック】


佐藤琢磨終わらない夢―F1との決別、もうひとつの戦場ヘ (SAN-EI MOOK)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする